脇の黒ずみを撃退

脇の黒ずみを撃退

夏になるとムダ毛と共に気になるワキの黒ずみ。

エステに行かなくても、自宅で簡単にワキの黒ずみを撃退できるので、今日から始めてみましょう。

 

まずはワキがポツポツして鳥肌のようになっている方は、クレンジングオイルでマッサージしてみましょう。
適量を手に取り、クルクルとマッサージする事で毛穴の汚れが取れます。
また、ボディスクラブでケアをする時にワキも一緒に行うと効果的です。
お顔用のピーリングジェルで脇をケアするのもボディスクラブと同じ古い角質を除去する効果が望めるので、お顔用の化粧品も使ってみましょう。

 

もうひとつ、ワキの黒ずみの原因は乾燥にあるので、ワキを保湿する事も忘れずに。
ボディクリームや乳液をワキに塗るたけで乾燥が抑えられ、黒ずみの原因も除去できます。
また、美白成分の入った化粧品は黒ずみの原因になるメラニン色素の動きを鈍らせるので、ワキに塗ると白く導く効果が望めます。

 

ワキ専用のケア用品を使わなくても、今お使いの化粧水やケア用品で脇の黒ずみを撃退する事ができます。
もう一つ綺麗なワキを保つのに必要な事はカミソリで剃る時に力を入れ過ぎない、シェービングジェルを使うという点も挙げられます。
何も付けずに力任せに剃るのは即黒ずみの元になるので、やめましょう。

 

ワキはお洋服の摩擦や繰り返しのカミソリでの脱毛等でかなりのダメージを受けています。
せっかくムダ毛処理をしても黒ずみが気になっては夏も楽しめないので、1年通してワキのケアは行いましょう。

 

どうして実年齢よりも老けて見えるのか?

その原因を探りました。
お顔のパーツを見て、以下の特徴が表れていたらアンチエイジングの初め時です。

 

まず、頬が痩せすぎているのも老けて見られます。
若い時は小顔に見せようと顔痩せに努めていても、年齢を重ねて頬がこけているのは老け顔の大きな要因となります。
頬がこけているとこめかみが凹んで見え、それも老け顔に拍車をかけています。

 

また頬がたるんでいる、いわゆるブルドック顔になっているのも問題です。
正面から見た時に、下向きになって鏡を見た様な印象ならば、たるみが出てきています。
頬がたるむと自然と皮膚が下に引っ張られ、毛穴も大きく開いて目立ってしまいます。

 

よく老け顔というと、目元や口元などをイメージしますが、輪郭やフェイスラインの崩れも大きな要因です。
いくら目元が若々しくても、輪郭がたるんでいたら台無しです。

 

輪郭ケアは、表情筋体操で防ぐ事で行えるので、毎日のケアが老け顔を防いでくれます。
よくマッサージでたるみが防げると考えている方がいらっしゃいますが、間違ったマッサージをしてしまうと逆効果なので、力任せの自己流ではなく、プロにお任せしましょう。

 

表情筋体操は、お顔全体を大きく使い、「あいう」というもので、それぞれ10秒間ずつ行います。
普段使っていない表情筋が刺激されるので、お顔全体の筋肉の活性化に繋がります。

 

なんだか表情が暗くて不機嫌な様に見えるというのも老け顔の特徴です。
これは20代〜30代の方でも陥ってしまう事なので、早めからのケアが必要です。

 

PICK UP!!

武蔵浦和駅で中途の美容師の転職

美容師 転職 中途 武蔵浦和

 

表参道で求人。独立か転職か。

就職 独立 求人 表参道