美容師の立場になって考えてみる

美容師の立場になって考えてみる

どんな時間帯にどんな予約を入れるとよいか、と言う事を考える時に、どんな時間帯なら美容師がじっくりと自分と向き合ってくれるか、という考え方をするとその日の施術の失敗や不満が少なくなるのではないでしょうか。その時の考え方として美容師の身になって考えてみる事が良いのではないでしょうか。もちろん美容師ではない人にとって、美容師の気持ちは解らない部分が多くあると思うのですが、たとえば常識的に考えて閉店間際のギリギリの時間に飛び込みで来店してパーマやカラーなどの時間のかかる施術をオーダーしたとしたら、美容師は喜ぶでしょうか。もちろんお店の売り上げとしてはそのお客さんを受け入れた方が当日の売り上げは上がります。ですが美容師のモチベーションとしては本音は「今日は早く帰れると思ったのに」といった所ではないでしょうか。もちろんお店を空けている限り受付時間内であればお客さんを受け入れるのが正しいのですが、美容師だって一人の人間です。気持ちが左右されてしまうのは仕方のない事なのではないでしょうか。もちろんだからといって手を抜く美容師はいないと思いますけれどもね。美容師で高給与で中途の求人は柏美容師に気持ち良く仕事をしてもらう事は、結局のところ自分のヘアスタイルの仕上がり具合に影響していくものだと思われます。ゴールデンウィークなどの連休は美容室は混んでいるのか空いているのか、良く解らない所ではありますよね。実際にゴールデンウィークぐらいしか美容室へ行く事が出来ない、という生活をしている人もいると思うのです。そういう人の多くのパターンとして「連休の初日に美容室に予約を入れて、あとはプライベートで過ごす」と言うパターン、もしくは、「連休の前半はプライベートで過ごして翌日からの仕事への気持ちの切り替えとして連休の最終日に美容室に予約を入れる」と言うパターンの二通りが多いようですね。確かに先にやることをやってから遊ぶか、遊んでから連休明けへのスイッチとして美容室の予約を入れておくか、という違いでしょう。どちらが良いか、というのはその人の生活や性格によると思うのですが、いずれにしても美容室にとっては連休中の中日というのはあまり予約が入りそうにありませんよね。ゴールデンウィークはお休みにしている、と言う美容室も有ります。美容師だってゴールデンウィークなどの連休ぐらいや休みたい、という声も多い事と思われます。お店を開けたとしてもスタッフの人数を減らすなどして対応している所が多いようですね。特に個人で経営している美容室はお休みにしている所も多いようです。