痩せない原因は活性酸素にあるかも

痩せない原因は活性酸素にあるかも

肌の老化や病気にも大きな関係がある活性酸素ですが、肥満にも関係があることがわかっています。ダイエットをしているのになかなか痩せていかない、食事量や運動に気を付けていても思うようにダイエットが成功しないといった人は体内の活性酸素の影響を受けているかもしれません。活性酸素の大きな働きとして、体の中に入り込んだ細菌やウィルスを退治してくれる免疫力としての働きがあります。活性酸素なくして健康的な体を維持することはできません。しかし活性酸素が体によくない理由は、大量に作られた活性酸素が健康的な細胞を傷つけてしまうことにあります。傷つけられた細胞は疲労や老化につながり、肥満の原因ともなってしまいます。人間の脂肪を燃焼させるためにはミトコンドリアの働きが重要になりますが、活性酸素はこのミトコンドリアの働きを低下させてしまう効果を持っています。ミトコンドリアの働きが低下すると脂肪は燃焼できなくなり、痩せにくい体質となってしまうのです。活性酸素の量は年齢を重ねていくほど多くなります。ストレス社会と呼ばれる現代では、年齢とともに増えていく活性酸素の量も増加しやすくなっていきます。活性酸素を体の中にため込まないようにするためには、ストレスをため込まないことと、抗酸化物質を摂取していくことが大切です。代表的なビタミンCはもちろん、ビタミンEも抗酸化物質として有名です。ダイエットが失敗する原因を食事や運動だけで考えずに活性酸素の影響も意識したうえで改善していくと成功しやすくなります。睡眠が美容にとって大切なことなら、できるだけ長い時間眠っていたいものです。そのため早起きをすることで睡眠時間が削られてしまい美容にとってもよくないことなのではないかと思ってしまう人もいるかもしれません。睡眠時間を削ってしまうことは確かに美容にとってマイナスとなりますが、早起きをすることで得られるメリットがたくさんあります。美容のためにも早起きを心がけてみるといいかもしれませんよ。早起きのメリットとしては体内時計のリズムが正しく刻まれるようになるということがあります。朝起きて日の出の太陽を浴びると体は目を覚まします。人間の体は太陽の光と共に目を覚まして1日の生活を刻み始めます。日の出とともに目を覚ました体はそのまま活動のために代謝を上げていき、14〜15時間程度活発に活動できるようになります。15時間程度たつと睡眠のためのホルモンが分泌されるようになり、自然と眠りにつくようになります。朝の6時に太陽の光を浴びた場合、15時間後は夜の9時です。夜の9時には睡眠の準備が整い、朝までぐっすりと眠ることができるようになり、1日のリズムが出来上がっていくのです。9時に寝て早起きとなる5時くらいに起きることができれば8時間の睡眠時間となり美容に必要な睡眠もとれるようになっていきます。このように早起きをすることで1日のリズムを作り、そのリズムが美容に必要な睡眠時間をもたらしてくれるようになるのです。今の生活リズムが美容によくないと考えている人は早起きを意識してみるといいかもしれません。美容室 行徳 ヘアサロン カット カラー ヘッドスパ 人気 安い