腕の良さとスピードはちがう

腕の良さとスピードはちがう

よく駅前などの美容室はいつも繁盛しているように見えますよね。そういう美容室は駅前だから交通の便が良く立地条件として申し分ないのでかなり高い料金なのではないか、と思われますが、意外とそうでもない事が多いです。その割にはいつもお客さんでいっぱいです。それなら腕が良いのことで評判なのかな?と思ってしまいますよね。外観がおしゃれな感じだったりすると、これだけ立地条件もよく繁盛している美容室であれば、きっと申し分ない美容室なんだろう、と想像してしまう事でしょう。ですがこういう美容室は割と料金設定も良心的で、テクニックの良さや美容師の知名度で高い料金設定にしている美容室とはまた雰囲気が違う様です。こういう美容室の美容師は腕が良い、というよりは人数をこなすスピードがある美容師が多いのです。早く仕上げる事が出来る、って言う美容師は技術があるって事なんじゃないの?と思うかもしれませんが、評価する場合にはまったく違う様ですね。ただただスピードが速い、と言う美容師も実際にいるようで、その人にとってはそのスピードが持ち味、と言う事になるのかもしれません。駅前の様な立地条件の良い美容室では回転率を上げる事が求められます。ですから仕上がりの良さももちろん必要なのですが、それ以上にスピードを求められている美容師が多く、わりと若い美容師でも採用されているようです。美容室の料金設定の差と言うのは、材料、つまりヘアケア用品や薬剤の値段なのではないか?と想像する人は多いと思うのですが、意外とそうではない、という事を言う美容室関係者は多いようです。確かにヘアケア製品と言うのはピンキリのイメージがありますが、実際に各美容室が扱っている薬剤などはどこも同じレベルのものを使っているようです。もちろん群を抜いて良いものだけを使用している美容室も有りますが、それは最初から高級美容室として位置付けられている美容室であることが殆どの様です。実際に質の悪い安いヘアケア用品や薬剤というのは、そんなに美容室には出回っていないようです。それにどんなに材料や薬剤費が…と言った所で、それがお客さん一人に反映されるほど大きな経費とはなっていない所が多いようですね。それ以上に美容師の人件費、技術料、家賃などの方が大きく影響する様です。もし違うとしたら例えばトリートメントなどの別料金メニューに使われている事が多いようですね。そういうメニューの場合には単品のメニューとして価格設定されているので、お金を払ってでもお願いしようと思う人と、そうではない人がいますから、美容室全体としての価格設定を考える時にはあまり話題にならないですよね。川越 美容院 おすすめ