シワをどうにかしたい!シワの原因別にアプローチする改善法

シワをどうにかしたい!シワの原因別にアプローチする改善法

しわにお悩みではありませんか?10代、20代の頃ならまだシワの悩みは皆無だったかもしれません。
しかしアラサーにもなってくると、これまで気にならなかったシワが出てきて、何だか自分でも「老けたな〜」という印象を持ってしまいますよね…。

 

シワにも種類があり、その種類によっても改善法は異なってきます。
それでは、シワができてしまう原因にはどのようなものがあり、改善していくにはどのようにアプローチしていけばいいのでしょうか?

 

○どうしてシワが深くなっていくの?

 

シワにも種類があり、一つだけではありません。

 

・表皮しわ
間違ったスキンケアで深くなってしまうことがあります。

 

・真皮しわ
肌の表皮の下にある真皮層で、コラーゲン不足やハリ不足によってシワが発生してきます。

 

・乾燥によるシワ
乾燥している部分は水分が不足していて、シワができやすくなってしまいます。

 

・加齢シワ
お肌の土台が崩れていってしまうことで、シワが出てきてしまいます。
老化現象なので、完全に直すのは難しいです。

 

・表情しわ
よく笑うなどして、シワの線がくっきり刻まれてしまいます。
いつも同じ表情をしがちな人も、同じ部分にばかりシワができやすく、シワがくっきりなりやすいです。

 

○乾燥によるシワは保湿がマスト!

 

まだミドル世代なのにシワが目立つ…!といった場合は、加齢によるものよりも、乾燥によるシワの可能性も高いです。
乾燥シワの場合、乾燥対策することによって改善する例が多いため、水分をしっかり補給してあげることです。

 

乾燥しわが目立ってしまうということは、その部分の皮脂が足りていないということでもあります。

 

洗顔のしすぎ、洗浄力の強すぎるメイク落としや洗顔料を使っている可能性が挙げられます。

 

乾燥しわは、皮膚の水分が失われていることで発生してしまうため、水分補給をすることで改善していくことがほとんどです。

 

年齢と共に増えてくる肌トラブルと言えば、若い頃には気にならなったシワやくすみなどが挙げられますよね。
有効な美容成分の入った化粧品を使って、外側からケアしてあげるのも効果的ですが、しわやくすみに有効な食材もあるため、それらを豊富に取り入れることで、内側からケアしていくにもいいでしょう。
それでは、くすみやシワに効く食べ物には、どのようなものが挙げられるのでしょうか?

 

○くすみを改善したいならこの食材!

 

くすみは人によって原因も様々です。
食事からケアしたいのであれば、血流を改善してくれるような栄養素をとるのがいいでしょう。
血流が悪くなってしまうと、お肌の血流も悪くなり、血色を失い、どんよりと暗い印象になってしまいます。これがいわゆるくすみであり、血行を改善する事で血色が戻ってきて、トーンも明るくなってくると期待できるでしょう。
血行改善に役立つおすすめの食材としては、次のようなものが挙げられます。
・ナッツ
・アボカド
・レバー
・赤みの魚
・鮎
・卵黄
・うなぎ
・ホタテ

 

上記に挙げた食材を単体でとるのもいいですが、ビタミンCと一緒にとると、吸収率がさらにアップするでしょう。

 

○シワにはコラーゲン生成を促してくれる食材を

 

シワを改善するためにも、コラーゲンは不可欠です。
コラーゲンの生成には、たんぱく質やビタミンC、鉄、亜鉛が必要です。
たんぱく質とビタミンCをセットで食べることによって、コラーゲン生成もうまくいくでしょう。

 

例えば卵(たんぱく質)とブロッコリーのサラダや、レバニラ炒めを作るといったように、単品ではなく、食材同士を組み合わせて工夫してみてくださいね。

 

稲毛 週休二日 アシスタント 求人