大人ニキビの原因について知ってみよう

大人ニキビの原因について知ってみよう

肌トラブルの代表といえばニキビです。成人を過ぎてからできるニキビは大人ニキビといわれていて、思春期にできるニキビとは区別されます。それは原因による違いがあるからです。大人ニキビのできる原因はいくつも考えることが出来て、もしもニキビを治そうと思うなら原因全てに対して対策を取るということが重要です。ニキビのできる原因について挙げてみると、ホルモンバランスの乱れ、熱による影響、内臓機能の低下、ストレスによる影響が考えられます。ホルモンバランスの乱れは思春期のニキビによくみられる物ですが、ホルモンのバランスが崩れると皮脂が多くなります。この皮脂が毛穴に詰まるとニキビとなってしまうのです。ニキビは熱が集まるとできやすくなります。さらに老廃物が残っていると熱と反応してニキビになります。上半身に熱が集まりやすいので顔以外にもニキビが出来るのですが、老廃物の溜まりやすい顔には特にニキビができやすくなります。内臓機能の低下は肝臓や腎臓の影響でニキビができやすくなります。肝臓は毒素の分解、腎臓は毒素の排出に関わる臓器ですので、この辺の機能が低下するとそれだけ体に余分な物がとどまってしまうということになり、それがニキビにつながります。ストレスは大人ニキビの一番の原因とも言われています。ストレスは体のありとあらゆる機能と低下させますので、肌の機能、内臓機能、神経の働き等が異常を起こしニキビになりやすくなるのです。美容室 門前仲町 美容院 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い 口コミ