ノーファンデが今時!素肌感もアップ!ノーファンデが愛される理由

ノーファンデが今時!素肌感もアップ!ノーファンデが愛される理由

女性にもよりますが、最近はノーファンデの方がメイクがうまくいく、肌の調子がいいといった方も出てきています。

 

メイクはファンデーションを必ずつけなければいけないという規則はありません。
ご自分の肌の調子や好みによって、使ったり使わなかったりしてもいいものです。

 

ノーファンデの方が綺麗で好印象に見える場合もあります。
肌トラブルがいっぱいあるといった方には厳しいですが、肌がある程度綺麗で、下地もきちんと正しく行える人なら、ノーファンデでも十分綺麗に見えるでしょう。

 

◯こんな人はノーファンデがおすすめ!
・肌荒れがひどくない
・お肌の負担を防ぎたい
・もともと肌が綺麗
・敏感肌だからファンデーションを使いたくない
・ノーファンデだということを自慢したい
・メイク自体しない
・ファンデーションがうまくつけられなくて諦めた

 

◯ノーファンデ派の女性の声

 

「仕事でスーツを着なければいけないので、リキッドタイプのファンデーションを使っていますが、休日はノーファンデです。
基礎化粧品をつけた後、赤みが気になる小鼻と口元、目じりにコンシーラーを塗って終了です。
ちゃんとメイクしているように見せたいけれど、作り込んでいる感じにしたくないので、
ノーファンデは私にぴったり。

 

コンシーラーで部分的にクマやニキビ跡をカバーするだけでも、十分綺麗に見えます。
ファンデーション塗る手間やお金も省けるし、トータル的にメリット多い。
こういうメイクしている女性は意外と多いと思います。」

 

ノーファンデにすることでナチュラルな印象を与える事ができる上、コスメ代や時間、手間も省ける事を考えると、メリットはとても大きいですね。

 

チークはメイクの中でも、女性らしさを引き出してくれるメイクアイテムです。
最近は種類も増えて、様々なタイプのチークが登場してきています。
クリームタイプのチークもあれば、リップと兼用のものまで、幅広いです。

 

大事なのは、自分に合ったチークを使う事。
そしてシーンに応じて色みや濃さを考えながら、使い分けていくことです。
チークをうまく使いこなすことができれば、印象はさらにアップして、あなたの
魅力もグンと高まるでしょう。
今回は、おすすめのチークの選び方についてお伝えしていきます。

 

○色黒の人はクリームチークを

 

肌が黒めの人は、クリームチークを使ってしっかりチークを入れましょう。
肌が黒めだと、チークの色が負けてしまう可能性があるからです。
かといって、濃い色にしすぎてしまうと、おばさんメイクに見えてしまうため、色みは薄めに。
クリームチークは発色がいいため、あえて濃い色を選ばなくても、十分血色が良く見えるでしょう。

 

○色白ならパウダーチークがオススメ

 

肌が白いのにチークが濃いと、化粧がきつく見えてしまいがち。
白い肌にチークの色が目立って不自然な印象も与えかねません。

 

そこで、色白さんなら発色の強いクリームチークよりも、パウダータイプをおすすめします。

 

肌が白いので、パウダータイプをサラっとつけただけでも色がよくはえます。
色みを確かめながら付けていってくださいね。

 

○20代の人はパウダーチーク

 

20代の頃は、まだお肌の水分量や皮脂量が多いです。
そのため、チークを選ぶならパウダータイプがおすすめです。

 

 

○30〜40代

 

ミドルエイジになってくると、皮脂量や水分量のバランスが崩れてきてしまいます。リキッドチークあるいはクリームチークを使うといいでしょう。

 

稲毛 アシスタント 求人 土日休み