認識不足

認識不足

みなさんは、カラーリングはその色が定着するまでには一週間程度かかるという事、そして定着するまでのカラーリングと言うのは洗えば洗うほど落ちるのだ、と言う事をご存知でしょうか?意外とカラーリングをする、と言うこと自体にうきうきした気分になってしまって、カラーリングをした髪の毛というのがどういう状況にあり、どのようにケアしなくてはいけないか、と言う事はまったく考えていなかった、と言う人は多いものです。カラーリングをする、と言う事は実は髪の毛にとっては物凄く負担な事なんですよね。元の色を変えてしまう、と言う事は自然にかなり逆らった行為です。髪の毛が負担にならないはずがありません。ですからその行為を繰り返す事はとても髪の毛にとっては大変な事ですから、出来る事なら少ない回数で治めたいものなんですね。ですが自分の知識不足のために、せっかく入れたカラーを自分で洗い流してしまうような事をしている人は結構いるものかもしれません。まずはカラーリングの原理、と言うものに少し興味を持ってみる事が必要ではないでしょうか。もちろん小難しい科学的な理論なんて興味がな人がほとんでしょう。ただ自分が自分の好みの髪の毛の色になることを望んでいるだけ、と言う気持ちは解らなくも有りません。ですが考えてもみれば自分の体の一部を変化させているのです。しっかりとその後のケアについても興味を持つことが大切だと言えますよね。それでは実際にはカラーリングをした時には、どの後どの様な事に注意するべきなのでしょうか。本当なら「洗わない」事が一番かもしれません。ですがさすがにそのような生活はできません。少しでもシャンプーによる色褪せを防ぎたいのであれば、使うシャンプー液自体の成分をよく吟味する事でしょう。最近ではシャンプーの種類もとても増えてきていて、カラーリングを施した髪の毛に特化したシャンプーやトリートメントも販売されています。もちろん美容室での専売品もあります。ですがそのようなシャンプーは値段が高い、というのも確かです。そんなお金をシャンプーにかける余裕はない、と言う人も多いものです。ですがせっかく施したカラーリングが1、2週間で色褪せてしまう事を考えたら、シャンプー一本少し高価なものに買い替えるぐらい、大したことはない、とは思えないものでしょうか。もしもどうしても…と思うのであれば、せめてカラーリングの色が定着するまでの間だけでも、特化されたシャンプーやトリートメントを使ってみてください。おそらくその効果を十分に感じる事が出来るでしょう。美容室の専売品であれば、だいたい大容量のものがほとんどです。そうなってくるとますます手が出せないのは解ります。ですがその成分と似た様な製品で容量の少ないものもネットなどで探せば見つける事が出来ると思われます。志木 美容院