なぜその料金設定なのか

なぜその料金設定なのか

みなさんは自分が通っている美容室の料金設定について、どの様に思っていますか?おそらくその料金に満足しているからその美容室に通っているのだと思います。その料金が自分にとって妥当である、と感じるのは、その仕上がりや自分の満足度と照らし合わせてみて、折り合いがついているからその料金でもその美容室に通っているんですよね。ですが美容室の料金と言うのはある意味ピンキリですよね。低料金の所も有れば驚くほどに高い料金に設定されている所も有ります。その料金の差というのはどういう仕組みで差がついているのでしょうか?もしも自分の通っている美容室が一般的には「安い」と思われている美容室であるならば、どうして安く設定する事が出来ているのだろうか?と考えたことはありますか?もしも安くできている仕組みとか理由の様なものが解ったら、もしかしたらその料金設定に対して考え方が変わる可能性もありますよね。大抵の場合、安いもの、安い料金にはそれなりに安くできる理由がある、と考えます。それは大方良い理由ではありません。少々手をかける手間を省いているとか、材料仕入れが安いから、といった理由でしょう。ですがその理由を知っていてでもその料金の美容室を選らぶのは、自分自身がきちんと納得が出来ているから、と言う事になるのでしょうね。料金が安い美容室って、いいなと思いますよね。美容室でかかる料金に限らず、なんでも安いならそれに越したことはない、と考える人が大多数でしょう。では美容室の料金が安く設定できるのは、どういう理由からでしょうか?おそらく一般的なイメージとして、料金が安いのは材料や仕入れが安いから、と考えがちです。たしかにそれも含まれると思います。美容室で言えば使っているシャンプーなどのヘアケア製品の価格が安ければそれだけ施術料金も安く設定できるのでは?と考えるのは当然でしょう。もちろんそういう事もあるかもしれませんが、実際には美容室の料金設定はヘアケア用品や機材だけに左右されているのではない様なんですね。よく飲食店などで言われているのは「材料は安い、料金の殆どは人件費」と言いますが、その事は美容室でも当てはまる部分があるようです。美容室の売り上げというのは、その日に何人施術したか、と言う事によります。それはすなわち美容師一人が何人を担当したか?と言う事につながりますよね。同じ売上を同じ美容師の人数で上げるとしたら、料金を安くして多くのお客さんを施術するのと、料金を高くして少ない人数のお客さんを施術する事は同じことになります。つまり料金が安くできるのは、お客さんを多く施術しているから、と言う事にも繋がるんですね。美容室 青山 縮毛矯正 髪質改善 ストレートパーマ 人気 口コミ メンズ