なぜ美容室が苦手なのか

なぜ美容室が苦手なのか

美容室が苦手、と言う人は良くいますよね。例えばネットで「美容室」と検索ワードを打ち込めば、「美容室 苦手」と予測変換で出てくるぐらい、美容室が苦手だという事は話題性があるようです。ですが「美容室は苦手」と言いながらも「美容室へは行かない」と言う人は滅多にいませんよね。みんななんだかんだと言いながらも美容室のお世話になっている事には違いありません。ですが「苦手だ」と思っている人にとっては、わざわざ料金を支払ってまで苦痛な時間を過ごしている事になるのですから、とても残念な事です。一方で美容室へ行くのが大好きだ、予約をするとその日が待ち遠しい、と言う人もいます。ですから美容室と言う場所が、すべての人にとって苦痛な場所ではないわけです。美容室が苦手だ、と言っている人にとって美容室の何が苦手の原因となっているのでしょうか。おそらく美容室が苦手、と言う人は美容室の利用回数が、美容室へ行く事を楽しみにしている人よりは少ないと思われますよね。もしも美容室への苦手意識を克服できたなら、もっと美容室へ通ってくれるはずです。ですから「何故苦手なのか」と苦手な人の想いに耳を傾ける事は、美容室にとって売上のアップにつながるのではないでしょうか。そういうリサーチも必要かもしれませんね。美容室と言う所へ行くときには、多くの場合には予約をしなくてはいけません。その場合にそもそも美容室がどうであれ、電話を掛ける事が苦手なのだ、と言う人も少なくありません。最近は携帯やスマホの普及により、知らない人から電話がかかってくる事に対して対応する事が減りました。かかってくるのは電話帳に登録されている知人ばかりです。ですから散らない人からの着信は拒否したりスルーしたりする人が多いでしょう。その影響も有って、知人以外の人に電話を掛ける事も苦手だ、と言う人がとても増えてきたように思います。そしてさらにそれを加速させたのが何でもネットで問い合わせや予約ができるようになってしまった事です。もちろん最近では美容室の予約もネットで出来るようになりましたから、電話が苦手でも美容室の予約はネットです有ればよい、と言う時代になりましたから、電話が苦手で美容室の予約を取るのも苦痛だ、と言う人は減ったかもしれません。ですがそもそも電話が苦手だ、と言う人は人と話したり、知らない人と話したりするのが苦手な人も多いような気がします。たとえネットで予約をしても、そのあとで電話で問い合わせたり、変更やキャンセルのお願いをしなくてはならない事態も発生する可能性もあります。そういう事を考えると苦手意識が頭をもたげてしまのかもしれません。池袋 美容院