マスクをしていても大丈夫か

マスクをしていても大丈夫か

花粉症の人なら、出来れば美容室へ行ってもマスクを外さないでそのままカットしてもらいたい、という人もいるかもしれませんね。くしゃみが止まらなくなった時に美容師さんに唾や鼻水が飛んでしまうのではないか、という心配も有りますからマスクを取りたくない、という気持ちは良く分かります。周囲の人に対するエチケット、という面でもマスク着用を許可し貰いたいと思うでしょう。ですが美容室で髪を切る、という時に、美容師はだた言われたままの髪型を作るのではなくて、その人に似合うような髪型を作りたい、と思っていますし、それがプロの仕事でもあります。ですからマスクを最初から最後まで着用されていると、そのスタイルがお客さんに似合っているのかどうか、という事が分かり辛くなります。作り上げたスタイルがきちんと仕上がっているか、という事も確認が難しくなります。ですから最初から最後まで着用するのではなくて、美容師さんに外すように言われたらできるだけ外す方が良いでしょう。またシャンプーのときなどもしもマスクをしていたらマスクを濡らしてはいけない、と思うアシスタントさんもいるでしょう。できるだけ使い捨てのマスクを着用し、予備のマスクもポケットに入れておきましょう。予備のマスクを持っている事をアシスタントさんに伝えれば安心してもらえることでしょう。花粉症の時期が来ると、辛い思いをする人は多いと思いますが、そういう時期に美容室に行く事を考えると憂鬱になる人は多いものでしょう。それでなくても外出するだけで鼻水やくしゃみに悩まされるのに、なるべくそれを耐えなくてはいけない所に出向くのは、本当に気が重い事でしょう。ですが髪の毛が伸びる限りは美容室に行かなくてはいけませんし、カット以外でもパーティーや披露宴などに出席するとなると、どうしても美容室へ行くことになってしまいますよね。そのような状態で美容室に行く事はお客さんも気乗りがしないかもしれませんが、本音を言えば美容師もそんなに歓迎したくはないかもしれませんね。もちろん面と向かって「困ります」というような美容師はいないと思いますが、花粉症でいつくしゃみをするか解らないお客さん、というのは特にカットする場合には手元が狂ってしまう可能性が大きくなります。それは花粉症云々というよりは、ただ美容師としては失敗をする可能性が大きくなる、という事なんだと思います。ですから本音で言えば、できるだけくしゃみはしないでもらいたい、という所でしょう。お客さんも美容師もお互いやりやすい様にしておくには、お客さんときちんとコミュニケーションをとって、出来れば花粉症の酷い時期に美容室に来なくても済む様な感覚でヘアスタイルを作る、などの事前の対策も必要でしょう。岩槻 美容院