客が求めるのは美容師個人との相性

客が求めるのは美容師個人との相性

美容師の皆さんに勘違いしてほしくないのはいくら店内でほかの美容師と競い合ったとしても、お客さんの評価とはあまり関係が無い、という事ですね。お客さんはたいていの場合他の美容師と比較してその美容師が良い、という判断をしているのではないと思うのです。もっと単純にお客さんは「自分と相性が合うか合わないか」と言う事で美容師を評価していると思うのです。店内でどんな風に競い合った結果その美容室の中でナンバーワンになっているかどうか、という事はさほど興味が無いお客さんの方が多いでしょう。それよりも例えまだアシスタントであってもその人のシャンプーやマッサージが気持ちが良い、と感じればシャンプー指名をしたい、と思うぐらいに評価するとお思いますし、どんなに有名店であっても自分を担当してくれた美容師との相性が悪ければ、その美容師全体を評価しない、という所にまで行きついてしまうかもしれません。つまりお客さんの評価は「自分と相性の合う美容師がその美容室にいるかどうか」と言う一点なのではないでしょうか。美容室内で他のスタッフを蹴落とすような意地悪をするとか、美容室では上下関係が厳しく、ライバル意識が強い、などという内部事情がささやかれる事がありますが、もし本当にそんな事をして競い合っているのであればたとえそういう環境でトップだと言われたところであまり意味が無いような気もしますね。美容室で良い美容師を指名するためのコツとして、ベテラン美容師や店長を名乗る美容師を指名するとよい、という事が言われている事がありますよね。ですが実際には店長なら誰でもテクニックの素晴らしい美容師である、とは限らない事もあるようです。店長というのはその名の通りその店を仕切る人の事で、つまりどんなにテクニックがあったとしてもその美容室を仕切って利敵をもたらす手腕のある人でなければいけないわけですね。言ってしまえばカットやカラーの技術が劣っていても関係ない、という部分も経営面ではあるわけです。もちとん店長を頼まれるぐらいですから、技術的にほかのスタッフよりもかなり劣る、という事は無いと思われますが、それよりも経営手腕を問われる事の方が多いものです。ただ人気があるから店長にまで上り詰めた、という美容師もいます。その人気というのは極端な場合イケメンであるとかトークが上手いといった事で人気になった可能性もあります。ですがその美容師が集客力がなった事は確かでしょう。だからその人を店長にする事でその美容室の知名度も印象も良くなる、という事があるのだと思います。逆に言えば店長を指名したからと言って、すばらしい仕上がりになる、とは限らないとも言えますね。溝ノ口の美容院