ヘアオイルはどのように付けるのが良いか

ヘアオイルはどのように付けるのが良いか

ヘアオイルの使いかたを間違えると、しばしば懸念されるように髪の毛がベタベタになってしまいます。ヘアオイルは髪をべた付かせる役割をするものではありませんから効果的な使いかたを知っておくことが必要ですね。まずはヘアオイルを髪の毛に振りかけるような事をしてはいけませんね。適量はおそらくヘアオイルのパッケージやボトルに記されていると思いますから参考にすると良いですが、ショートならばワンプッシュが適量でしょう。それを手のひらに取りますがここからがポイントで、そのまま髪に付けるのではなく、まずは手のひらで十分に伸ばします。言ったん髪の毛の事は忘れて手を滑らかにする気持ちになるとよいでしょう。指と指の間にもなじませると後で髪の毛に馴染ませる時に便利です。そして髪の毛に付ける時にはまずは毛先に馴染ませます。なぜなら髪の毛は毛先がいちばん傷みやすく、ドライヤーなどの熱の影響も一番受けやすいからです。毛先に念入りに浸透させたら徐々に頭頂部に向って馴染ませていくとよいですね。気持的には薄く広く、そして内部まで浸透させる、という意識が良いでしょう。こういう使いかたをすれば良く心配されるべた付きが起きる事はありません。基本的には頭皮ではなく髪の毛に使うのが良いですが、頭皮の乾燥が気になるときにはごく少量を使用するのも良いでしょう。ヘアオイルを使うと髪の毛に良い事は解るけれども、ではどういったタイミングでヘアオイルを使うのが良いのでしょうか。ヘアオイルが一番効果的に働くのは髪の表面のキューティウルが開いている状態の時に使用するのが一番髪の毛に浸透しやすく効果的だと言われています。キューティクルが開いている状況と言うのは、主に髪の毛が濡れている状態の時ですね。ですからシャンプーの後、が効果的である、といえるでしょう。まだ髪の毛がかなり濡れている状態ではオイルと水分が馴染まないので効果が出ないかもしれませんから、まずはしっかりとタオルドライをして余分な水分を拭き取ってから使用する方が良いでしょう。タオルドライの後にヘアオイルを塗ればそのあとでドライヤーを使用する時に、熱から髪の毛を守ることも可能です。また濡れて言える時以外の所ではスタイリングの前に使用するのが良いでしょう。スタイリングではコテやアイロン、ドライヤーなど熱を当てる器具を使う人がほとんどでしょう。そういった熱からもオイルを付ける事で髪の毛を守ることができますね。特に髪質が固くてなかなかスタイリングが思ったようにいかない人にはヘアオイルの使用がおすすめですね。ヘアオイルを髪の毛全体に馴染ませた後ワックスなどでスタイリングをしてみましょう。綱島の美容院