カラーによる持ちの違い

カラーによる持ちの違い

みなさんは、カラーリングをする時には、どんな事を考えてカラーを選びますか?もちろんなりたい色、というのがいちばんだと思います。もしくは似合う色、と言う事を考えて選ぶと思いますし、当然美容師さんにも相談する事と思います。その時に頭に入れておいた方が良い知識として、カラーの中には、色褪せしにくい色とそうではない色がある、と言う事です。また色の組み合わせによって落ちやすくなるようなケースも有ります。勿論、私達がプロの美容師のように、カラーの色褪せについて語ることができるようになるほどの知識は必要はありません。ですがそういう差がある、と言う事だけでも頭に入れておきたいものです。そしてもしも自分の好みの色が決まっているのであれば、そのカラーは色褪せしにくいかどうか、と言う事を美容師に確認するのが良いと思います。その事を意識しておくかどうか、だけでもその後のケアの仕方が変わってきます。実際には明るい髪色に見える様なカラー程、色味が持つのは短くなります。ぎゃくに濃い色にするほど、色持ちは良いです。淡い色にさらに淡い色をかぶせるようなカラーリングをすると、なかなかその色は定着しないようです。淡い色、明るい色を希望する時には、定着しにくい色であることを意識しておいた方が良いでしょう。カラーによっては色落ちが早いカラーも有ります。ですがそのカラーを是非にやってみたい、と言う人もいますよね。色落ちするか、といって自分のなりたいカラーをあきらめる、というのはちょっともったいない話です。ですが考えようによっては、最終的にその色になればよい、と言う事ですよね。ですから色落ちする事をあらかじめ想定してカラー選びをする、と言う方法があります。つまりカラーリングをした直後に何色になっているか、と言う事ではなくて、カラーリングをして色が定着したころに何色になっているか、と考える訳です。もちろんそれなりの色落ちしないケアを考えなくてはいけません。ですがどうやっても有る程度の色落ちは避けられないのが普通です。明るい色を希望するなら尚更です。ですが明るい色が色褪せするとさらに一段と明るくなります。例えば職業上、何らかの規定がある場合などは、これ以上明るくしたら規定に反する、と言う時には、色落ちして一番明るくなった時にどんな色になるか、と言う事を考えなくてはいけません。自分の好みに関しても同じでしょう。色が定着した時にどんな色になるのか、と言う事をきちんと美容師に確認しておくことが必要です。もちろんそれはきちんと色褪せない為のケアをしつつ、定着した場合の色、と考えた方が良いでしょう。鶴瀬 美容室