カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

近年日本人はかなり多くの人たちが当たり前のようにカラーリングやパーマを楽しむようになってきました。ですがこのカラーリングやパーマがもたらす髪のダメージについては、意外と無頓着である人も多いものです。カラーリングやパーマは繰り返していると髪の毛の表面のキューティクルを開いてしまって髪の中の栄養分が流出してしまう、と言う現象を引き起こしてしまいます。そのために外気の乾燥に対してより敏感になってしまい、髪の毛が乾燥しやすくなってしまっているんですね。それが原因で髪がぱさぱさになってしまう、という結果に悩む事になります。この現象に対して一番有効なのは保湿なのですが、たとえ保湿をいくら頑張ったとしても、髪の毛自体がダメージで水分を受け入れられない状態になってしまっていては保湿の効果も期待できません。明らかにパーマやカラーリングによるダメージである、と思われる時には、まずは髪の補修をする事が大切です。日頃のケアとしてはシャンプーやトリートメントなどのヘアケア剤をダメージケア用のものにする、と言う事があります。ですがあまりにも傷みがひどい、と感じる時には、一時期パーマやカラーリングをあきらめる、という事も考えた方が良いですね。パーマやカラーリングで傷んでいる髪の毛、というのは自分も嫌な気分になりますが、他の人が見た時にも決してその人に対して良い印象を持たないものです。「髪の毛を乾燥させる原因」というと空気の乾燥や、紫外線などの陽射し、と言う事は直ぐに思いつくかもしれませんが、意外に忘れているのが「ドライヤーをかける」「ヘアアイロンをあてる」といった自然以外の熱によるものです。髪の毛が濡れているから乾かしているんだからそれは髪が乾燥する事とは違うのでは?と思うかもしれませんが、ドライヤーの熱風と言うのは、自然界にはあり得ない風ですよね。あれだけの高温の風に曝さる、と言うことは急速に髪の水分が失われていく事であり、必要以上に水分が奪われてしまったり髪の表面が傷ついてしまう事は十分にあり得るんですね。それにドライヤーをかけたりヘアアイロンやコテなどの熱を発するものでスタイリングをするのは、ほぼ毎日みなさんが行っている行為だと思います。毎日毎日熱に曝される状況が続くと、決して髪の毛に良い事ではないのは簡単に想像できると思ます。ですがこの類の熱から髪の毛を守ることは髪の毛のケアによって十分可能です。なぜならドライヤーの熱が急に発生するわけはありません。自分がドライヤーをしようとするから熱に曝されるわけであり、その前にその熱から髪の毛を守る対策をとることは十分出来る事だからです。具体的にはドライヤーやヘアアイロン、コテなどを使う前にトリートメントやオイルを使って髪の毛を熱から守る対策を取っておくことです。この一手間で、髪の傷みは随分と違ってくると言われています。新宿 美容室 ヘアサロン カット  カラー トリートメント メンズ 安い