ベテラン美容師がいない

ベテラン美容師がいない

どんなサービス業でも、一番かかっているのは人件費だ、と言う事をよく耳にすると思います。美容室も例外ではないでしょう。美容師に支払う人件費と言うのは美容室にとってはかなり大きいものですし、経営を左右する経費であることは間違いありません。例えば一人の腕の良い美容師が長年同じ美容室に勤めているとします。そうすると当然その美容師に支払う人件費は年々上がっていくのが普通です。その人がそれだけのお客さんを惹きつけてきて集客力に大きく貢献してくれているなら当然でしょう。ですがその美容師の働きがそれほど変わらないのに、ただ長く務めているからと言う事で給料を上げているのであれば、それは人件費の圧迫につながってきます。ですが一人の美容師が長く務めている、と言う事はそれだけ労働条件が良い美容室である、と言う事が言えます。労働条件の良い場所で働いている人と言うのは、良い仕事ができる環境にあるとも言えます。逆に一人の美容師がなかなかその美容室で定着しない、離職率が高い、と言う美容室は労働条件が悪い、と考えられます。ですが常に若くて経験の浅い美容師を雇っていれば、人件費はかなり抑えられる、と言う事が言えるでしょう。お客さんの目線から見ると、料金を安く設定できる美容室と言うのは人件費が抑えられている、つまりベテラン美容師がいない美容師である、と言う可能性があるという事です。低料金とまではいかないけれども、やたらとクーポンを多用している美容室ってありますよね。なにかにつけキャンペーンをやっていて、上手くやりくりすれば常にクーポンを使用で来て低料金で施術をしてもらう事が出来る美容室です。クーポンやキャンペーンの回数が多いと、その美容室に行くのに正規の料金で行くのがなんだか損をしている事のように思えてくるものです。ですからクーポンが使える時にしか行かない、キャンペーンをやっていない時には行かない、と言う考え方をする人ばかりがその美容室のお客さんになっていくものです。結局その美容室の正規の料金と言うのはだた料金表に書かれているだけで、実際にはほとんど適用されていないような状況になります。それはお客さんにとっては嬉しい事ですが、実際にはそういう美容室は経営的に危ないケースが多いのではないでしょうか。人を集めるためにクーポンを常に発行し、キャンプ―ペンを行うけれども、その時一時的に人が集まるだけで、お客さんは定着しない。つまり正規の料金を払ってでも来てくれる人がいない、と言う事になります。低料金ではあるけれども、そういう美容室はいつどうなるかわからない危険性がある、と思った方が良いでしょう。美容室の良し悪しを見分ける時の目安になるでしょう。横須賀 美容院